【禁煙治療の概要説明】

 2006年4月から禁煙治療が保険適用されることになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

1.どんな治療をするの?

受診時期
治療内容
 初回診療(治療前の問診・診療)
 禁煙治療のための条件確認、診察
 2週間後 通院(再診1)  (1)診察
 (2)呼気一酸化炭素濃度の測定
 (3)禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
 (4)ニコチン製剤の処方
 4週間後 通院(再診2)
 8週間後 通院(再診3)
 12週間後 通院(再診4)  診察  禁煙成功か否かの最終確認




2.費用はいくらかかるの?

内 容
自己負担額(3割負担として)

 初診料(1回)+再診料(4回)※1

 ニコチン依存症管理料

 院外処方箋料※2

           2,310円

           2,890円

            820円
合 計※2
           6,020円

※1
禁煙のみを目的に、75歳未満の人が診療所で治療を受けると仮定。再診料には外来管理加算(52点)を含むと仮定。
※2 院外処方になりますので、薬剤料のほか、調剤料などが別に必要。
(注) 他の疾患の治療に合わせて禁煙治療を受ける場合、初診料および再診料については重複して支払う必要はありません。

 


 

 



3.禁煙の薬ってどんなくすり?

 当院では、禁煙のためのお薬として、飲み薬「チャンピックス」を処方します。
 ニコチンを含まないお薬で、1日2回(※1) 食後に飲みます。 飲み始めてから8日目に禁煙を開始します(※2)
 通常、12週間の服薬を継続します。医師の処方が必要となります。

  ※1 1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。
  ※2 自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ります。

 長所
  @一定の要件をみたすと、健康保険等が適用される(注)
  A飲むだけなので簡便
  Bニコチンを含まない
  C肌の弱い人でも使用できる
  D接客などの職種や、歯・顎の問題でガムをかめない人でも使用できる

 (注)一定の要件を満たす必要がありますので、担当医師にご相談下さい。


参 考

負担額(3割負担として)
チャンッピクス(経口薬) 12週間
約13,350円